カラス駆除の方法について

カラスはとても賢い鳥で学習能力が高く、駆除が難しい鳥です。
そのためカラス駆除は根気よく行っていくことが重要です。
最初に注意したいのが、カラスによる被害を受けたからといって、許可無くカラスの捕獲や処分をしてしまうと鳥獣保護法違反となります。
そのため、カラス駆除ではカラスをゴミ置き場やベランダなど、近づけさせたくない場所に寄せ付けないようにする方法で行われます。


カラスは賢いと同時に臆病な性格でもあるので、危険な場所と覚えさせることで特定の場所を避けるように教えることができます。

簡単なカラス駆除の方法としては、カラスが寄ってきた時に大きな音を出して驚かせたり、テグス糸を使って侵入を防ぐなどの対処法があります。



CD等の光を反射する物やカラスの死骸模型などを吊るしておくのも効果的です。

nanapiに関する疑問にお答えします。

アメリカでは鳥獣被害によくバード・スパイクが用いられています。エアコンの室外機やベランダの手すり設置して、カラスなどの飛来を防ぎます。

バード・スパイクの素材はポリカーボネイトとステンレスで出来ていますので、柔軟性に優れているのが特徴です。
建物の外壁がデコボコしていても、対応できます。



さらに錆びにくく、軽量で耐久性が高いのも利点です。

ロッドが細いため、至近距離から見ても目立ちにくく、建物の美観を損ねません。
カラスが触れても傷つけることもありませんし、不快な場所だと知らせて近寄らせないようにします。
他にもハトやコウモリなどを寄せ付けなくする効果も期待できます。