ワイヤーを活用してハト撃退

気が付いたらベランダの室外機部分にハトが巣を作っていた・・というケースも少なくないようです。



ハトは1度安全な場所だと分かったら、その場所に強い執着心を示します。何もしなければ、そのまま居座られてしまい、フンや臭い、鳴き声などの被害に悩まされるようになってしまうのです。


ですので、「最近ベランダにハトを良く見かけるようになった」と感じたら、住みついてしまう前に早めにハト撃退を行いましょう。


自分でできるハト撃退法としては、ワイヤーを使う方法が一般的です。

T-SITEの情報検索ができます。

ハトはベランダに侵入する際に一旦、手すり部分や柵などに止まります。
この部分にワイヤーを張る事で侵入を防ぐのが、ワイヤーを使ったハト撃退法です。
ホームセンターなどにはハトやカラスなどの撃退アイテムとして、ワイヤーが販売されているので活用してみましょう。



ワイヤーは耐久性にも優れているので、初期のハト対策におすすめです。

ベランダの手すり部分から約10センチ程上に、ワイヤーを張る事で侵入を防ぐ効果が期待できます。この時、より侵入を防ぐようにするには、ワイヤーをピンと張らず緩く張るのがコツです。
ピンと張った方が良いように感じますが、ピンと張ったワイヤーだとその上にハトが止まりやすくなってしまうのです。

緩く張ったワイヤーであれば足場が悪くなる事もあり、ハトも止まり難くなります。


ですので、ワイヤーでハト対策するという場合は、ワイヤーを少し緩めに張るようにしましょう。