ネットを活用してハト撃退

ベランダや家の軒先などにハトが住みついてしまうと、フンや鳴き声などの被害に悩まされるようになってしまいます。
しかもハトは「鳥獣保護法」という法律によって、保護される対象となっている事もあり、むやみに駆除する事はできません。

ですので、被害に悩まされるようになる前に、ハト撃退を自分で行う事が大切です。

自分で行えるハト撃退法としては、ネットを活用する方法が手軽でしょう。

鳥専用のネットをベランダなど、ハトが飛来しそうな場所に設置する事で、被害を予防します。まだ、フンなどの被害に遭っていないという場合でも、早めにネットでのハト撃退を行っておけば、被害を未然に防げるのでおすすめです。ただ、ハトは気に行った場所に、とことん侵入しようとする性質があります。

ネットが緩く張られているという場合、ちょっとした隙間から侵入してしまうケースが多いようです。

ネットを上からただ垂らすように張ってしまうと、ハトは入り込んでしまいます。



ですので、ネットを張る際は隙間が出来ないようにするのがコツです。

goo ニュースについての情報です。

設置した後もネットが緩んでいないか、ハトが侵入した形跡がないかこまめに調べます。

また、ネットの耐久性も必ずチェックしましょう。



鳥よけ専用のネットでない場合、ハトにつつかれるなどして破れてしまう恐れがあります。

ベランダなど紫外線を浴び続け、風・雨にもさらされる場所に使うネットですので、耐久性の高い鳥専用のものを選ぶ事が大切です。